自動車を運転する時、必要となるのは安全運転の心得と、もしもの時の自動車保険ではないでしょうか。自動車事故は不意にやってきます。自分で起こすだけでなく、貰い事故もあります。自動車保険は運転する方には必須でしょう。自動車保険は様々な保険会社で取り扱っています。どのような基準で選べばいいのか、自分に合うのはどういった会社なのか、考えてみましょう。

自動車保険内容の種類

自動車保険には自分自身の補償から、相手の補償、自動車自体の補償などといった種類があります。基本的にはこの3種類の中から自分の欲しい補償を組み合わせて選ぶようになります。それぞれどんなことを補償してくれるのか見てみましょう。

一番大事!相手に対する補償

自動車を運転する上で常に付きまとうのは事故のリスクで、万が一人に怪我をさせたり物を破壊するような事があれば賠償をする必要が出てきます。事故の内容は様々なので一概にどのくらいの補償が必要になるか分か…

最低限は必要!自分自身や一緒に乗っていた人への補償

自動車を所有した際には、絶対に入らなければならない自賠責保険と自動車保険というものがあります。自賠責保険はほぼ強制的に加入させられることから強制保険ともいわれていますが、自動車保険は各種保険会社か…

自動車保険に入ってもしもの事態に備える

自動車保険は、損保業者が提供している任意保険に加入しておけば手厚い補償を受ける事が出来ます。夜中や遠方のトラブルであってもレッカーサービスを受けられるので、安心してマイカー旅行を楽しめます。

入っていれば安心!自分の自動車の車体の補償

水没して車両が動かないとき

地震だけでなく台風による水害や竜巻などで被害に遭うかもしれません。テレビのニュースで見ていると他人事と感じてしまいやすいですが、同じ日本で誰かが被害に遭っているなら自分も遭う可能性があると考えてもいいでしょう。特に自動車はそれなりに購入するのに負担がかかるので、災害によって被害に遭ったときの保険に加入しておくと安心できそうです。もし台風で水没した時に車両保険に加入していれば保険金を受けられます。注意したいのは津波によって水没をしても対象にならない可能性がある点でしょう。ハザードマップを確認しておき、降雨による川の氾濫などがありそうなら入っておいてもいいですが、津波被害に遭いそうだからと加入を決めるのはあまり意味がありません。

車両保険を安くして加入

自動車保険は色々なリスクに備えるために加入します。車両に何らかの問題が生じた時に保険が受けられるのが車両保険で、任意保険に加入する人の多くが加入しているようです。加入すると当然保険料が発生しますが、保険期間中に何も発生しなければ掛け捨てとなりその分は安心代となってしまいます。そこで検討したいのが車両保険を安くできるプランで、保険会社によって通常の加入方法と別に用意してくれています。通常の車両保険だといろいろなトラブルで補償が受けられますが、安いタイプだとトラブルを限定しているので受けられないケースが増えます。自動車同士の事故なら補償されるが単独事故だと補償されないなどがあるので、中身をチェックして選ぶようにしましょう。

代理店型と通販型の違い

対面で相談しながら選べる!代理店型のメリットとデメリットとは

代理店型では契約者が代理店の担当者と対面で相談しながら手続きを行うのが特徴です。保険の案内や見積もりを行ってもらえるので、保険の知識があまりないという方でも利用しやすいです…

安さが魅力!通販型のメリットとデメリットとは

自動車はとても便利な存在ですが、交通事故のリスクもありますので自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入して補償を充実させておくとより安心です。自動車保険は大きく分けて…

代理店型と通販型どちらを選べばいい?向いている人とは?

自動車保険に加入または自動車保険の変更をしようと思ったときに、どこから手をつけたらいいか、わからないという方には代理店型をおすすめします。代理店型は対面で相談ができ…