対面で相談しながら選べる!代理店型のメリットとデメリットとは

代理店の担当者にお任せできる

代理店型では契約者が代理店の担当者と対面で相談しながら手続きを行うのが特徴です。保険の案内や見積もりを行ってもらえるので、保険の知識があまりないという方でも利用しやすいです。保険に関する疑問や不明点があった場合でも担当者に質問できます。契約を結ぶまで親身にサポートしてもらえますし、書類作成の手伝いも行ってくれるので安心できるでしょう。しかし、代理店手数料などの経費がかかるので通販型の保険と比べた際に金額が割高になるのがデメリットになります。費用がかかっても、できるだけ保険会社側に任せたいという方におすすめだと言えるでしょう。また、対面で話すので別の自動車保険に乗り換えようとした場合に、人によっては断りにくいと感じるケースもあるかもしれません。

車の購入に合わせて保険に加入できる

自動車ディーラーや中古車販売店の中には、保険会社と提携し自動車保険の提案を行っている所もあります。車を購入すると同時に保険への加入も行えるのがメリットです。代理店型のデメリットとしては、良い担当者に出会えない可能性がある点が挙げられます。特に自動車ディーラーのような兼業で保険を扱っている場合では、担当者が保険に詳しくないケースも少なくありません。代理店を探す際には実績を確認すると良いでしょう。顧客数が多く、営業年数も長ければ、信頼できる代理店であることが期待できます。不明な点は担当者に質問してみるのも大切です。明確な答えが得られなかったり、不親切であったりするように感じるのなら他の代理店に当たってみるのをおすすめします。