代理店型と通販型どちらを選べばいい?向いている人とは?

代理店型の特徴と向いている人

自動車保険に加入または自動車保険の変更をしようと思ったときに、どこから手をつけたらいいか、わからないという方には代理店型をおすすめします。代理店型は対面で相談ができ「どのような補償が欲しいか」「使用頻度はどのくらいか」など話を聞いてくれたうえで、扱っている商品プランの中から、条件に合っているものを選んで、いくつか紹介してくれます。商品の内容も丁寧に説明してくれて、費用で比べた場合、補償で比べた場合、自分の個人的な都合、たとえば「転勤になったら車をあまり使わなくなるかもしれない」など気になったこともその場で質問でき、アドバイスを受けながら選べるところが代理店型の特徴です。ですので自動車保険の知識が全然ない、調べるのが大変なので専門家に相談したいという方には代理店型がおすすめとなります。

通販型の特徴と向いている人

通販型の自動車保険は、インターネットを使っての情報収集が得意で、自分で調べてより多くのプランの中から、使用目的に合っている商品プランを利用したい、という方に向いています。通販型の自動車保険は「費用を安く抑えられる」という利点があり、代理店やそれに関わる人件費などの費用を削減してコストを抑えているため、代理店型と比べた場合、補償内容が同じでも保険料を安くすることができます。また自動車保険の契約後にゴールド免許に変わったり、車の使用目的が変わったり、とプランの変更をする場合もインターネットを使って、すぐにできる点が便利です。以上の理由で自動車保険の知識がある、調べるのが得意で費用を抑えたい、という方には通販型の自動車保険がおすすめです。