安さが魅力!通販型のメリットとデメリットとは

通販型を選ぶメリットを知る

自動車はとても便利な存在ですが、交通事故のリスクもありますので自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入して補償を充実させておくとより安心です。自動車保険は大きく分けて代理店型と通販型がありますが、最近は通販型を選ぶ人も増えてきました。通販型を選ぶメリットとしては、代理店を通さない分、人件費や手数料などがカットされるのでより安く加入できることがあげられます。さらに、一括見積りを利用すれば、短時間で安くそれでいて内容が充実した保険を選ぶことができます。多くの場合はインターネット割引が用意されていますので、ネットから申し込むとさらに保険料が安くなるのも嬉しいところです。インターネットなら24時間いつでも申し込みできますし、手続きも簡単にできるのもメリットと言えるでしょう。

加入前にデメリットを理解する

通販型の自動車保険は保険料が安く、手続きが簡単なのも魅力です。とはいえ、加入後にトラブルがあると困りますので、加入前には良い部分だけを見るのではなく、デメリットがないかも確かめておきましょう。まず、対面で相談することはできませんので、保険に関してのある程度の知識は必要です。わからないこと、気になることがある場合はコールセンターでアドバイスを受けることもできますので活用していきましょう。自動車保険はただ安いだけで選ぶのではなく、事故対応の良さも大切です。通販型の場合は、もしもの事故の際も、すぐにスタッフが現場に掛けつけてくれるケースは少ないと言われています。それゆえ、加入前には事故対応はどのように行われているのかもしっかりと理解しておくことが大切です。