最低限は必要!自分自身や一緒に乗っていた人への補償

自賠責保険だけでは足りない

自動車を所有した際には、絶対に入らなければならない自賠責保険と自動車保険というものがあります。自賠責保険はほぼ強制的に加入させられることから強制保険ともいわれていますが、自動車保険は各種保険会社から提案されており、加入するかどうかは自由に決めることができます。自賠責保険に入っているのならば、加入する必要はないと感じる人もいますが、そのようなことはありません。自賠責保険だけでは、万が一事故を起こしたり、巻き込まれた場合に生活が成り立たなくなる可能性があります。年々、自動車事故の賠償金は増えてきています。自賠責保険で支払われる保険金も上限があるため、その範囲を超えてしまえば、多額の負債を抱えることとなるからです。

最低限は自分と同乗者への補償

自賠責保険では、交通事故の相手の怪我や死亡に対してのみカバーされます。つまり、相手の車に対する補償やその他の破損の補償、自分の怪我や同乗者の怪我、自分の車に対する補償はなされません。交通事故によって自分が怪我を負ってしまえば、働くこともできずに多額の賠償金を支払わなければならない事態となりかねません。そのため自動車保険に加入する際には、最低限自分や同乗者に対する補償に加入することがおすすめです。人身傷害や搭乗者特約と呼ばれていることが多く、自分や同乗者が死傷した場合に、その治療費や休業損害を補償してくれます。この保険の場合、交通事故相手との示談を待たずに保険金が支払われることも多く、いち早く生活の立て直しに活用できます。